FC2ブログ

    Powered By 画RSS









    ある晩、Tくんとメールしている最中に、学校に忘れ物をしたことに気づき、Tくんに「ちょっと学校行ってくるね」と言って、夜の学校に向かいました。

    一人で行った夜の学校はとても怖くて、教室へと一目散に駆けていきました。

    教室へ荒い息遣いで入ると、誰かが「わっ!」と目の前に現れました。
    Tくんでした。
    私は、とても驚いて、腰を抜かしてしまいました。
    Tくんは「そんなに驚くなよ。お前が心配で来てやっただけだ」と言って私に近づき、手をさしのべてくれました。


    私は優しいなあと思い、「ありがとう」と言ってTくんの手を掴みました。

    そのときTくんが、突然私に馬乗りしてきました。
    訳も分からず私は声が出ませんでした。
    Tくんは私の両手を持ち上げ彼の左手で上に押さえつけました。
    彼の左手は器用に私のYシャツのボタンを外し、露わになったピンクのブラのホックを手際良く外しました。

    「良い形してんな・・・」と彼は呟き、左胸に吸い付いてきました。

    「ちょ・・・ちょっと!やめて・・・!」と私が抵抗するのを気にもとめず、Tくんはチュパチュパと音を立てて吸い続けました。

    彼はきっと、偶然左胸を吸っていたのでしょうが、私は左の乳首が性感帯でした。
    吸い始めててから10秒ほどで下がムズムズし始め、「やめて・・・あんっ・・・」と感じてしまいました。

    馬乗りされた直後から、私の下腹部にはなにか固いものが当たっていました。

    私の両手を押さえていた彼の左手は、ゆっくりと離され、私のスカートを捲りあげました。
    そして、パンツの上から指で上下に優しく撫でてきました。

    その気持ちよさに私は思わず「はぁん・・・!」と腰をくねらせました。

    Tくんの顔は私の乳房から離れ、私のパンツの元へと移動しました。
    彼は私の脚をM字に開きながらゆっくりと話し始めました。

    私のパンツに鼻を押し当て、クリを刺激するTくん。
    私は恥ずかしさで脚を閉じましたが、私の両手は自分の胸を揉んでいました。

    そのときTくんは私にもう一度跨がり、こう言いました。

    「俺、ずっと好きだったんだ。今日は告白するために来たのに・・・許してくれ」

    私はTくんの気持ちに気づいていました。
    同時に私のTくんに対しての感情がそれと同じだということも気づいていました。

    私たちは息を乱していましたが、ふと我にかえりました。
    私はそのTくんの言葉に対して、微笑みながらキスで返しました。

    Tくんは一瞬ぽかーんとしていましたが、すぐに私にキスを返してきました。
    どんどんディープに、どんどん濃厚になるキスは初めてでしたが、彼は優しくしてくれました。

    パンツはもうずぶ濡れでした。

    彼は開いている右手で、私のパンツの横から手を忍ばせました。

    小さく低い声で「こんなに濡れてたんだ」と言われた瞬間、また溢れ出しました。

    彼は私のパンツをするっと脱がし、クリを弄り始めました。
    私はすごく感度が増していて、大きな声で喘ぎました。
    彼はそんな私を見て、とても嬉しそうにキスをしました。

    クチュクチュクチュ・・・。
    いつも見慣れた教室に、いやらしい音が響き渡ります。
    それを聞いて私は余計に興奮してしまいました。

    「もう我慢できねぇよ」

    彼は自分のズボンとパンツを脱ぎ捨て、彼のモノを私のクリに擦りつけてきました。
    びっくりするぐらい硬くて、とても太いモノでした。

    彼は指を二本入れ、穴の具合を確かめました。
    彼の指はスルスルッと入っていき、私は悶えてあえぎました。

    彼は私に「入れても・・・良いかな」と聞いてきました。

    すぐにでも欲しかった私はお願いしました。

    「うん・・・。いれてくださ・・・」

    言い終わる前に彼と私は一緒になりました。
    彼は私の手を握りながら腰をふってくれました。

    「あんっあんっあんっ・・・いい・・・!」

    私はずっとTくんに身を委ねていたので、悪いな、と思い、体勢を逆にしました。

    彼はちょっと戸惑っていましたが、私はできる限り彼に尽くしました。

    彼の上で腰をグラインドさせ、緩急をつけたり、友達に聞いたえっちな知識を実践しました。
    彼の乳首を舐めてあげたりもしました。

    彼は「やべぇ・・・やべぇ・・・」と言いながら、気持ち良さそうに声を出してくれました。

    私はもういきそうでした。

    「もぉ・・・だめっ!・・・はぁはぁ・・・いくぅー・・・!!」

    すかさずTくんは体勢を変え、

    「俺もいく・・・出ちゃう・・・!」

    Tくんは寸前で私から抜き、お腹に白いものをだしました。
    私も微かに白いものを出してしまい、あそこはヒクヒクして、二人は抱き合いながら果てました。

    二人のsexは愛があり、とても気持ちの良いものでした。

    終わった後も、「だいすき」「俺のほうが好き」と言い合いながら、キスをしました。
    全身にくまなくキスしあいました。

    あんなに気持ち良いsexは後にも先にも1度だけでしょう・・・。

    引用サイト
    http://choiero874.blog.fc2.com/



    関連記事
    スポンサーサイト
    [PR]


    Powered By 画RSS



    もし、記事が気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター等でシェアお願いいたします。今後の励みになります。

       はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク











    テーマ:素人ハメ撮り
    ジャンル:アダルト
    コメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可