FC2ブログ

    Powered By 画RSS







    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Powered By 画RSS



    もし、記事が気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター等でシェアお願いいたします。今後の励みになります。

       はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク













    大学生のとき、結構プライベートでも遊ぶ友達以上彼女未満みたいなさやか(仮)って子がいたんだよ。
    だけど別にセックスする感じでもないし、(あっちが割と男勝りなところがあってってのと、154cmくらい?だったから妹みたいになってたんだな)まあ酔った勢いでキスまではあるけど、お互いそこは一線を引いてたところがあって。

    で、社会人一年目になって、あっちからDVD観よってメールが来たんだよ。
    まあこれはいつもの感じで、「あーどうせストレス溜まってるから愚痴りたいんだろうな」って。
    電車で二駅だから行ったわけよ、夜の9時くらいかな。


    家に入ったら相変わらず露出の多い格好で寝転んでいるさやか。
    メディキュットとショートパンツの寝巻き、あとタンクトップ。

    「久しぶり」

    「もうちょっと着ろよ」

    「良いんだよ暑いんだから」

    「で?」

    「早く観よ」

    「どうしたの、今日は」

    「どうもしないよ」

    「どうしたの」

    「・・・おいおい話す」

    そんでDVD観ることになったんだけど俺がソファに座ってさやかを膝枕する感じで観てたのねで、観たのがノルウェイの森。
    松山ケンイチのやつ。
    そうめっちゃキスシーン多い奴。
    普通に勃起しちゃった俺。

    「おい立てないでよ」

    「しょうがないだろ」

    「寝づらいじゃん」

    そのリアクションもあれだけど。
    なんか不意に冷静になっちゃったんだよそのとき。
    二人でノルウェイの森観て、薄暗くて、股間に顔が近くて、ケツのラインが出てて、ノーブラで、風呂上がりでいいにおいがしたんだよ。
    急に女に見えたんだよな。
    四年くらいずっと一緒にいたのに。
    あ、もう今日犯すわ、って思った。

    普通に肩に手を置いてたんだけど、ゆっくり首筋の方になぞってみたわけ。
    ただ移動してますよーって。
    そういうつもりじゃないですよーって。
    でゆっくり耳に手をやると。

    「んー・・・」

    「ん?どした?」

    「耳」

    「いいじゃん」

    「よくないし。集中させろ」

    「いいじゃん」

    ゆっくり耳から、あごから、首筋から、めっちゃゆっくり撫でていくと、少しずつ体をもぞもぞさせるようになってきた。

    「ねえ」

    「何」

    「え、どうしたの」

    「どうもしないよ」

    「嘘、だってさっきから」

    「さっきから何」

    もう一度耳に戻って、ゆっくり撫でてやる。

    「んっ!」

    少し大きな声が出て、

    「だめだって。耳は」

    「なんで?」

    「弱い。ちょっと。くすぐりなし」

    「いいじゃん」

    そのまま右手で耳をなぞりながら、左手でおっぱいを触る。
    実はEカップだって後で知ったんだけど。

    「でかくね?」

    「え、ちょっとまって」

    「なんで?」

    「なんでって、え、なんで?え、ちょ、ま、だってあたし彼氏いるし」

    「あ、そうなんだ」

    「え、ねえちょっと・・・ん」

    結構びっくりしたけど、何も無い風を装って続けた。
    タンクトップの上から乳首を擦ってやる。

    「んっ・・・ちょっと・・・え、ねえ待って」

    「やだ」

    「えちょっと・・・だめ今ブラつけてない」

    「知ってるって」

    「ねえいやっ・・・ん・・・んんーーー・・・」

    ちょっと強めに乳首を摘む。

    「んっ・・・!だめ・・・っ・・・それやめっ・・・」

    「耳も胸もだめなの?」

    「だめどっちもだめ・・・耳だめ・・・っ!や・・・っ」

    腕を掴まれてるんだけど、全然力が入ってないの。

    「え、ほんとに駄目って思ってる?」

    「ほんとにだめだよ、彼氏いるんだもん」

    彼氏と最近仲いいの?」

    「いや・・・」

    少しの間

    「どうなん?」

    「いや、・・・今喧嘩してるんだけど」

    ビンゴ。
    どうせそんなこったろうと思ったんだよ。

    「耳とおっぱいだけでこんな感じてんの」

    感じてねえし」

    「この先どうなんの」

    「しないよもうこの先しない!」

    「いつもこんな感じるんだ?」

    「そんなことないっ・・・あっだめそっちやほんとにやだ」

    おっぱいから滑らせて、ショートパンツの上から股間をさする。

    「だめだめだめだめ」

    「いいじゃん」

    「だめ・・・あんっ・・・やーもうだめだって」

    「なんで?」

    「だから」

    「いいじゃん」

    背中を曲げて無理矢理キス

    「んー!!んーーーむーーーー!!」

    結構本気で抵抗されたけど強く抱き締めて離さなかったらだんだん力が抜けて来て、舌も絡めて来た。

    「んー・・・あ・・・んー・・・ぷは・・・ねえ・・・だめだよ・・・ちゅーだめ・・・」

    もちろん聞く訳ないし。
    もう一度キスした瞬間に、ホットパンツの隙間から指入れ。

    「んむーーーーー!!」

    もうめっちゃぬるぬる。
    すげえ柔らかくて、ゆっくり中指を出し入れする。

    「だめ入れちゃだめゆびだめ」

    「もう入ってるし」

    クリ弄りながら指を出し入れすると、めっちゃエロい顔になってきた。

    「ねえだめだめだめ・・・いや・・・あっいやそこだめほんとだめ・・・」

    「音聞こえる?エロいな」

    「音立てたらだめ・・・やっ・・・んーー・・・あん・・・あっあっあっやん・・・やめよ、もうやめよ?」

    「やめねえよ」

    二本目を入れて、指のピストンを早くする。
    うるさかったから右手の指も舐めさせることにした。

    「んーーーーー!ぷあっ・・・!だめねえほんとだめ」

    「だからなんで」

    「・・・だめっ・・・あんっだめっいっちゃうからだめ・・・っなかだめ・・・だめだめだめだめいっちゃう、いっちゃう、いっちゃうやだ恥ずかしい・・・っ!」

    「いっちゃえよ」

    「やだあっ・・・!あんっ!あっ!あっ!だめ強い・・・あんっ!あ、いく、いく、いく・・・!ああっ!」

    びくんびくんして、体にしがみついて来た。

    「いっちゃった?」

    「・・・うん」

    気持ちいい?」

    「うん」

    彼氏より?」

    すげえ困った顔して、ああ、気持ち良いんだなって思ったんだけど、

    「・・・まだわかんない」

    「ふーん」

    「・・・」

    「いいや、舐めて」

    「・・・うん」

    文句言わずソファの下に正座するさやか。
    逝かせたら従順になるタイプか。

    「Tとこんなことになるとは思わなかった」

    「いいから、脱がせてみ」

    「うん・・・」

    おそるおそるズボンを脱がすさやか。

    「おっきい・・・?」

    「そうか?彼氏のがちっちゃいんじゃねえの」

    「わかんないけど・・・ん・・・舐めづらい」

    「玉から舐めて」

    「え、玉?」

    「下から、そう」

    「こう?」

    上目遣いでぎこちない舌使いで、ゆっくり舐め始めるさやか。

    「ん・・・気持ちいいの・・・?」

    「うん、気持ちいいよ」

    「そう・・・」

    「舐めるの好きなの?」

    「まあ・・・嫌いじゃないよ」

    好きなんだ」

    「どっちかと言えば」

    「好き?」

    「はいはい、好きだよ」

    かぷっと咥えられる。
    舌で裏筋をねっとり舐められて、ぞくぞくと快感が走る。
    それだけでなく、旧知の友人をソファの下から奉仕させてるっていうシチュエーションがたまらなくよかった。
    頭を押さえて、喉の奥を埋めるように腰を突き出す。

    「んんんんん・・・っ!!かはっ!んっ!んむーーーー!ぷはっ・・・!」

    「苦しかった?」

    「当り前じゃん」

    嫌い?」

    嫌い。これ嫌い

    「ごめんごめん」

    謝りながら、立たせる。
    俺がソファに座ってるので、丁度股間が俺の顔の前に来る感じ。
    まあ、もちろん舐めるよね。

    「えちょっと待ってあんっ・・・!」

    腰砕けになるさやか。
    風呂に入ったばかりだったっぽくて、臭いは殆どなかった。
    でももう濡れ濡れ。
    クリを中心に舐めていく。

    「ちょっとまって駄目・・・んあっ!あっ!だめっ!あっ!だめだめだめっ!あっ!!・・・っ!んんっ・・・!」

    白い太ももが気持ちいい。

    「だめだめだめだめ・・・またいく!あんっ!またいっちゃうから・・・!だめ!だめだって!だめだってほんとにだめだって!」

    無視。

    「だめだめだめだめあああああ!ああ・・・っ!あっ!あっ!いく!いく!いく・・・!んっ・・・!!あ・・・っ!」

    俺の頭を掴んで押し付けるようにしてまた逝くさやか。

    「おいで」

    俺はソファに座りながら。
    さやかがソファに膝立ちになる。

    「・・・ね、やっぱやめない?」

    「そのまま入れる」

    「ね、T?やっぱさ、やめよ?生だし、ゴム・・・」

    何も言わずにちんこを握らせる。

    「入れて良いよ」

    無言のまま、少しの間。

    「・・・ずるい・・・」

    腰を落としていくさやか。
    先っぽが入ると、んんっと声を上げながら、ゆっくりゆっくり入れていくさやか。
    中はもうめっちゃ熱くなってて、ぬるぬるで全然抵抗なく入った。
    全体的にきつくてやばい。

    「ああ・・・ん・・・ん・・・やっぱおっきい・・・よ・・・」

    もう優越感しかなかった。
    歯食いしばって耐えてるのがめっちゃ可愛い。

    「奥好き?」

    「・・・あ、だめまだ動かないで」

    「奥当たる?」

    「・・・うん、当たってるから、ちょっとまって」

    一回、ずん、って腰を動かす。

    「ああっ!」

    「奥好き?」

    「・・・」

    もう一回、さやかの腰を掴んで、大きくグラインドさせる。

    「あああっ!!あっ!だめ!今動いたらだめ!」

    「奥好き?」

    「・・・好き」

    「ん?」

    「おくすきだからあ・・・だめ・・・あたってるからあ・・・おっきいから・・・」

    彼氏より?」

    「だめ・・・おっきいよ・・・」

    腰を掴んで、前後に動かしてやる。

    「あ・・・だめ・・・ぐりぐりするのだめ・・・だめ」

    「めっちゃえろい顔してるよ。腰振ってみ」

    「やだあ・・・だめ・・・だめだよ・・・」

    「彼氏より気持ちいい?」

    「だめ・・・あんっ!ああ・・・っだめだめそこさわったらだめ」

    「ねえ」

    「あっ!うんっ!あっ!だめ!気持ちいいからあっ!」

    「ん?」

    「やばい・・・気持ちいい・・・彼氏より・・・」

    「聞こえねえよ」

    下からがんがん突き上げる。

    「ああっ!あんっ!いじわるしないでっ!だめ!気持ちいいからあっ!彼氏より気持ちいいからだめ・・・っ!あああああっ!」
    「ベッドいこうか」

    一回抜いて、ベッドに寝かせる。
    すぐに正常位で突っ込んだ。

    「ああっ」

    小柄なのにおっぱいが揺れるのがめっちゃえろかったから、乳首つねってみる。
    そのままがんがんついてやる。

    「あああっ!」

    「強いの好きなの」

    「あんっ・・・!いやっ!あんっ!あっ!」

    好きなの?」

    「好きい・・・」

    「ドMじゃん」

    「Mじゃないっ!あっ!あっ!あああっ」

    「ドMですって言ってみ」

    「Mじゃない・・・っあっ!んっんっんっ」

    「言ってみ。言わなきゃやんないよ」

    ガン突きやめて、待つ。
    もう顔真っ赤。
    ちょう顔とろけてて、すげええろい。

    「ドM・・・です・・・」

    「さやかは?」

    「さやかは・・・ドMです・・・あんっ!!あっ!あっ!変態っ!!」

    「どっちだよ」

    足を開かせて、奥まで突っ込む。
    まんぐり返しみたいにして、上から叩き付ける感じ。

    「ああっ!ふかっ!だめ!」

    「いいんだろ?」

    「よくないっ・・・よくないからあっ!だめ!おくだめ!おっきいからだめっ!だめ!あんっ・・・あっ、あっ、あっ!いくっ、またいっちゃうっ!」

    「何回目だよ」

    「あんっ!だめっ!いっちゃう!だめ!」

    「いけよ」

    「だめだめおくだめっ!!おくっ!だめっ!いくっ!あんっ!いっちゃう・・・!いっちゃうってば・・・っ!」

    膣がきゅーって締まって来て、俺もぎりぎりになってきた。

    「あ、俺もいきそ、中出していい?」

    「だめだめ中は絶対だめ!!あっ!あっ!だめだよ!あんっ!!だめえっなかはだめ!」

    「あ、いく」

    「だめなかはあっ!いくっ!あっ!なかだめっ!っ!」

    「いくぞ」

    「だめっ!あっ!いく!いっちゃっ、あ、おくだめえ!あんっいくいくいくああ・・・っ!!」

    「ああっ!!」

    まあ後からピル飲んでたって知ったんだけど。
    そのあと、定期的にセックスする中になった。
    バックで突きながらエロゲみたいな台詞(彼氏じゃあいけないとか、彼氏より大きいとか、ちんこ大好きとか)言わせるプレイがお気に入り。
    まあ、結婚するくらいまでは続くんだろうか。

    引用サイト
    http://choiero874.blog.fc2.com/

    関連記事
    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

    Powered By 画RSS



    もし、記事が気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター等でシェアお願いいたします。今後の励みになります。

       はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク











    テーマ:素人ハメ撮り
    ジャンル:アダルト
    コメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。